【毎日更新】Amazon公式でタイムセールを見てみる

音のバランスが良いSoundpeats truengine 3seをレビュー

こんにちは、なもちです。

今回はSoundpeats truengine 3seレビューをしていきます。

Soundpeats truengine 3seの特徴
  • デュアルダイナミックドライバー(片側の2つのスピーカー)を採用
  • Soundpeats社独自の技術で低・中・高音をバランス良い音質
  • AAC、aptX対応
  • 本体とケース併用で合計30時間のバッテリー


Soundpeats truengine 3se
レビュー(10点満点)
デザイン
8点
装着感
5.5点
遮音性
5点
音質(フラット)
8点
コスパ
6.5点
バッテリー
8.5点

 Soundpeats truengine 3se

目次

Soundpeats truengine 3seのスペック

ブランドSoundpeats
BluetoothBluetooth 5.0
形状カナル型(密閉型)
ドライバーデュアルダイナミックドライバー
バッテリー本体(約6.5時間)&ケース併用(合計30時間)
充電時間1.5時間 (イヤホン) 、2時間 (充電ケース)
防水性能IPX5(汗や雨を防ぐ)
コーデックSBC、AAC、aptX
ノイズキャンセル無し
付属品イヤホン本体
イヤホンケース
USB-A➔USB-typeCケーブル
イヤーピース(S、M、Lサイズ)
Comply(コンプライ)社のウレタンイヤーピース
取り扱い説明書
Soundpeats truengine 3seのスペック

 

コーデックはAAC、aptXに対応しています。

なので、iPhoneとAndroidユーザー両方とも、低遅延で高音質を体感することができます。

コーデックとは?
Bluetoothで接続する際の音のデータを圧縮するための方式の名前

コーデックの方式が違うことで、遅延、音質に影響する
AppleではAAC
AndroidではAptXを使用

Soundpeats truengine 3seレビュー

デザイン

外箱のデザイン

 

スポンジのフタを外すと本体

 

2層式で下段に付属品

 

イヤホン本体をケースに入れる

 

スケルトンで丸みを帯びたデザイン

 

 中はゴールドで高級感◎

装着感

Soundpeats truengine 3seの装着感は、普通の装着感です。

しかし、他のワイヤレスイヤホン比べると装着感は無いかなと思います。

普段使いには問題ないですが、スポーツ時に着用となると心配な装着感。

 

Soundpeats truengine 3seの装着感が他のイヤホンよりも悪いのは、捻リながら入れるように設計されていないからです。

他のイヤホンは装着するときに、少し捻リながら入れるように設計されています。

捻ることでしっかり耳にフィットし、かなり装着感がアップします。

 

同じメーカーで装着感があるのがSoundpeats sonicSoundpeats T2です。

とくに、Soundpeats sonicは5,000円以下と価格が安くコスパ最強ワイヤレスイヤホンです。

音質は、Soundpeats truengine 3seにやや負けますが、それ以外はSoundpeats sonicの方が勝っています。

 

バッテリー性能

バッテリー性能はイヤホン本体でけで約6.5時間。

本体とケースの併用の合計で約30時間のバッテリー性能です。

合計30時間というのは他のイヤホンに比べてかなり優秀。

本体だけ6.5時間は、平均的な性能です。

 

6.5時間もあれば一般的な使い方だと十分だと思います。

ケースを含めて30時間はトップ5には入るバッテリー性能。

毎日充電しなくてもいいのが良いポイントです。

音質

Soundpeats truengine 3seはデュアルダイナミックドライバーなので音質に、深みと迫力があります。

低・中・高音のバランスが良い音質です。

なので映画、リスニングなど様々な用途で活用できると思います。

 

ペアリング

ペアリングは一度するとケースから取り出すだけできます。

他の機器とすでにペアリング状態であれば、その機器との接続を切断します。

切断したとしても、Bluetoothの登録リストからは削除されないので大丈夫です。

 

いまからは初期のペアリング方法を解説していきます。

機械が苦手な方でも、すぐにペアリングできるので問題無いです!

STEP
一度ケースにしまう
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: i-sNaczoMYFbTlREF-AZhtW9Pt3zhcX-QULLEBIdtz3CnVnyD9ZWIaDenyhCogKL5ADCfVnj-BBKybFGA2rNbo0jvIAc532rx6jDcf_WBhftGKsyoB0wc-wQMF7UNGuW3ft0-MYKpxJsC010uyPjEca-N1BSHsWRru9mE7Ik3hF9LcPJwr305B.jpg

箱に入っている状態から一度ケースに戻します。

そうすると自動的にイヤホンとケースが反応し、ライトが点灯します。

STEP
ケースからイヤホンを取り出す

初期のペアリングはケースからイヤホンを取り出すだけで開始されます。

次は、スマホの設定を開きましょう。

STEP
スマホの設定からBluetoothを開く

Bluetooth設定を開くと、Soundpeats truengine 3seの名前があるのでタップします。

STEP
ペアリングの要求をタップ

これで初期のペアリング完了!

いつでもケースからイヤホンを取り出すだけで、自動的にスマホとペアリングすることができます!

防水性能

防水性能は、IPX5(汗や雨を防ぐ)です。

IPX5があれば、雨や汗を防ぐことができるので、外出先でも問題なく使用することができます。

IPX5はワイヤレスイヤホンでは標準的な防水性能。

他のワイヤレスイヤホンより優れているという訳ではありません。

 

もし防水性能が高いワイヤレスイヤホンをお探しであれば、soundpeats truefree 2が良いです。

soundpeats truefree 2はIPX7の防水性能。

IPX7というのは、一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない防水性能です。

お風呂に浸かりながら使いたい!という方であれば、soundpeats truefree 2のほうが安心して使う事ができます。

Soundpeats truengine 3seの気になった点は?

Soundpeats truengine 3seの気になった点
  • 装着感がイマイチで遮音性がない
  • ケースが大きく、携帯性がイマイチ

装着感がイマイチがゆえに

装着感がイマイチで遮音性がありません。

 

Soundpeats truengine 3seも十分な装着間があります。

他のイヤホンに比べると、相対的に装着感が無いと感じです。

Soundpeats truengine 3seよりも、装着感があってコスパが良いイヤホンは他にあります。

 

例えば、Soundpeatsの最新イヤホン「Soundpeats T2

安い、ノイズキャンセル、外音取り込み機能、コンパクト、バッテリー性能

最新ワイヤレスイヤホンというだけあり、完成度が高いです。

様々なイヤホンを使用してきましたが、Soundpeats T2はコスパ最強です。

 

1万円を超える、Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro並のノイズキャンセル機能を持ち、音質も価格以上です。

音質はそこそこで、機能重視のワイヤレスイヤホンをお探しの方にオススメです。

Soundpeats truengine 3seを使用した感想

音楽

「ずっと真夜中でいいのに」さんの「正しくなれない」を聞きました。

女性ボーカル、ベース、ピアノの音のバランスが良いので選びました。

音楽サービスはAmazon Prime会員特典のAmazon musicで視聴。

\ 30日間の無料体験 /

Amazonプライム会員の特典
  • Amazon発送商品の配送が無料
  • お急ぎ便、日時指定便が無料で利用可能
  • プライムビデオ(映画、ドラマ、アニメ等)の視聴が可能
  • Prime Music(100万曲以上)が聴き放題
  • Prime Readingで電子書籍読み放題

 

さすがSoundpeats truengine 3se! 音のバランスが良いです。

音のバランスに関しては、今まで使ったワイヤレスイヤホンの中で一番いいです。

他にも曲を聞きましたが、どの曲も違和感無く聞けます。

   

音質も値段の割に良く、7,000円以下で音質の良いワイヤレスイヤホンをお探しの場合は、Soundpeats truengine 3seを選択肢に入れることをおすすめします。

映画

今回は、U-NEXTで新作が話題の「るろうに剣心」を視聴しました。

映画でも遅延も無くストレスフリーで見ることができます。

音質もバランスが良く、アクションの音、会話もバランス良く聞こえます。

Soundpeats truengine 3seはアクション映画以外のジャンルを見る方にはもってこいのイヤホンです。

 

ストーリー性があまりないアクション映画であれば、低音重視のイヤホンの方が迫力がでます。

低音重視であれば、Razer Hammerhead Pro V2というイヤホンがオススメです。

\ 見終わったらすぐ解約でタダ! /

クリックするとU-NEXT公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに!
※31日間の無料トライアル中に解約しても料金はかかりません

特典① 月額プラン(2,189 円 税込)31 日間無料
特典② 初回登録時 600 円分の U-NEXT ポイントプレゼント

U-NEXTの良いところ
  • 無料登録の入力項目が少ない
  • 無料キャンペーン期間が1番長い
  • 20万本以上の作品が見放題
  • 80誌以上の雑誌が読み放題(CanCamや週刊プレイボーイなども!)
  • 解約がめっちゃ簡単

>>U-NEXT公式サイトはこちら

Soundpeats truengine 3seの最終評価



Soundpeats truengine 3se
レビュー(10点満点)
デザイン
8点
装着感
5.5点
遮音性
5点
音質(フラット)
8点
コスパ
6.5点
バッテリー
8.5点

フラット傾向で低・中・高音のバランスが良く汎用性があるイヤホン。

デザインは最高にカッコいいけど、実用的な面で他のワイヤレスイヤホンよりも劣ります。

音質も値段の割には良いけど、遮音性がないので没入感がなくて台無しの印象です。

5,000円以下であれば、コスパ最強イヤホンSoundpeats sonic

6,000円以下ならノイズキャンセル、外音取り込み機能がついた2021年4月発売のSOUNDPEATS T2

上記のモデルのほうが、安く性能が良いと思います。

 

音質とデザインを重視するのであれば、Soundpeats truengine 3se 一択だと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております!

なもちでした!

  • スケルトンでデザインが◎
  • 音質のバランスが良い
  • バッテリー性能がトップクラス

Amazonでちょっとお得にお買い物をしよう!

Amazonギフトカード

Amazonで買い物するならギフトカードを使いましょう

チャージ額 × 最大2.5%のAmazonポイントが必ず貯まります!

しかも、チャージするたびに適用されちゃいます!



よかったらシェアしてね!

ご質問はこちらから

コメントする

目次
閉じる